07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

甘味を求めて

2013.05.30 (Thu)

前回2012年初頭、煮物でも甘みが欲しいという要望を受けて、
いろいろな方からのアドバイスを受けて取り入れたのが、今回の


アガベシロップ


ペルーでテキーラの原料として、使われている竜舌蘭の貴重なシロップ。
今回この記事には、このシロップの危険性について取り上げてないので、
その辺はスルーして、お読みください。

なぜこのシロップを甘味に使用しようという事になったか、というと、
この頃、同じ志のメンバーで、地元の講師をお招きしての
分子栄養学講座を学んでいました。


分子栄養学というのは、


60兆個の細胞を元気にする事で、老化や病気を防いで、体を元気にする、
体が、細胞が求めている栄養素とは何なのか、を勉強する栄養学です。

そこで糖化、GI値の話が出てきて、これが体にダメージを与えるということで、
GI値の低いシロップが薦められました。

その前に糖化ってなんぞや?


うまく説明できませんが、(たんぱく質が)


ホットケーキが茶色く焼けること

だそうです。この現象が、体の中でも起きて、いろいろな弊害をもたらすんだとか。

とにかくこの現象をなるべく起こさない為に、GI値の低い糖分として紹介されたのです。

ちなみに値の高いのは、バターとかじゃがいもとか、市販品だと唐揚げとかフライドポテトとか…
けっこう食べてますよ、実際。

そんなわけで、このシロップ、早速購入して煮物のレシピの砂糖の分量と同量入れてみましたところ。


マシ だけど あんま変わんない

相棒の舌は、この甘さを感知しないのかーーーーっ!?

私としては、醤油だけのすっきりとしたクリアな煮物に慣れて、
おいしかったのに、仕方なく甘くてよくわからない味に戻したわけです。

その後このシロップが煮物に使われる事はほぼ無くなりました…


高かったんだぞーーーー!!(ToT)
15:53  |  食転換プロセス  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tubutubuwakaba.blog.fc2.com/tb.php/18-b7c44e76

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。